ハラハラするポケモンblog

レートやオフで使用したパーティを適当に紹介します。

このブログについて

ポケモンについての記事を適当に書きます。オフで使ったパーティやレートで良い成績を残したパーティの紹介をするつもりです。よかったら見ていってください。

受けルーパー対抗戦使用構築

受けルーパー対抗戦にお呼ばれしたので参加してきました。色々あって役職は大将に、お相手はみんな格上だと思っている人だったのである意味気が楽になった部分はあったかも。
結果はvsジオットさん●、vsぺーやんさん●、vsたまさん○で1-2で負け越しですが全敗は免れたのでチームのみんな許して( ;∀;)

使用した並びはこちら
f:id:hurler_poke:20160902170722j:plain
構築経緯としては
ボルト以外筋肉バンドリの並び使えるやん!?
→バナくそ重いやんゴチル入れよ
→特殊高火力がキツいしバトンの中継地点としてニンフにしよ
こんな感じです

以下個別解説
バンギラス@さらさら岩
意地
Hぶっぱ残り色々調整
技:イカサマ/岩石封じ/冷凍パンチ/ステルスロック
参考元の型をそのまま使用。ガルに弱くない型なのでよかったと思う。
ただ、削れると選出によってはアローがキツくなってしまうので先を見て扱う必要があると感じた。

ドリュウズ@弱点保険
意地
砂下陽気スカガブ抜き
鉄壁で意地ガルのグロ不意耐え
技:地震/岩雪崩/剣の舞/鉄壁
ガルーラはミラー意識で格闘技が入ってくるかなと思い、それを起点にする鉄壁弱保型を採用した。バトン先としても一応考えていて、バシャドリの並びで地面が一貫するのを逆に利用できたら楽しそうという考えもあった。
鋼技を切ったのでピクシーが重くなってしまったのは反省点。

バシャーモ@メガ石
腕白HBベース
技:雷パンチ/ビルドアップ/バトンタッチ/守る
バトン役。配分は参考元そのまま。
物理炎が全然禁止になっていないのでマリギャラヤドあたりの水ポケやバシャを止めるアローが多いかなと思い、1度積んでから殴り合える雷パンチを採用した。

ゴチルゼル@カゴの実
穏やかHDベース
技:悪の波動/瞑想/影分身/眠る
元の並びではバナが重く、受けルーパー相手にその欠陥は致命的なので耐久ポケを逃がさずに起点にできるゴチルゼルを採用した。
この技構成では吠えるバナを狩ることはできないのでアシパエーフィと悩んだが、結局誰もバナを使って来なかったので関係なかった。
ビルドバトンから積むのが前提であるのと、仮想敵は特殊が多いため積み始めの安定感を考えて性格は穏やかになった。Sは1加速バトンでガブが抜けるラインにしたが、どちらかというと大体の耐久ポケを加速なしで抜いておきたいという部分が大きい。

ニンフィア@食べ残し
図太いHBベース
技:ハイパーボイス/欠伸/身代わり/バトンタッチ
ステロ+バトンニンフ+積みエースの構築で使われていた型をそのまま拝借した。
バトンバシャ+エースの並びでは特殊高火力がキツいので中継地点として採用した。出発点となった構築ではピクシーが採用されているが、やることがゴチルゼルと少し被る等の理由で不採用とした。

キノガッサ@毒々玉
陽気HSベース
技:気合いパンチ/岩石封じ/身代わり/キノコの胞子
最初に戦った対ジオットさんの際は参考元と同じビルド種ガンを採用していたが、その後に物理炎ポケが採用されそうだと思うなら違う型の方がええやんと気づいてこの型に変更した。なお、活躍することはなかった模様。

結果は負け越しで終わりましたがレートとは違う環境を考察し普段とは違うパーティで対戦をするのはとても刺激的で楽しかったです。主催のあぐあぐさんと参加者の皆さんありがとうございました。SMでもよろしくお願いします。

6世代振り返り

需要は無さそうだけど自分がレートを始めた6世代が終わって一区切りということで自分用の記録として残しときます。

 

シーズン1~5

僕の考えた最強のパーティ()でエンジョイ勢してた。完全な動画勢で他のポケ勢と絡むこともほとんど無かった。最高は1800中盤くらい。

 

シーズン6

f:id:hurler_poke:20160916140413j:image
勇気を出してオフ会に出るようになってレートモチベが上がって初の2000達成。穏やか悪巧みボルトとかいう時代を先取りしたポケモン使ってた。最高2010

 

シーズン7

f:id:hurler_poke:20160916140433j:image
いろんなとこから影響を受けて受けループを使い始める。XYの受けループをあまり参考にせず自分で考えようとしてた。スカバンで事故らせてたら2000には乗った。黒歴史構築その1。最高2010

 

シーズン8

f:id:hurler_poke:20160916140455j:image
あとりさんの記事を見てメガハッサムを使いたくなり、どっかの生放送で見たゴツメジャロも気になってこんな並びを使ってた。最終溶かして記事は書かなかったけど最高は2000中盤位だった。

 

シーズン9

f:id:hurler_poke:20160916140700j:image

フシギバナの強さや扱い方を理解できてなかったのとメガヤミラミがちらほらいたのもあって穏やかピクシーを使ってた。最高2030

 

シーズン10

f:id:hurler_poke:20160916141717j:image

ラッキーとピクシーで電磁波威張るをするというただの害悪構築。グライはギロチン採用してたし運要素多すぎて黒歴史って感じ。最高2005

 

シーズン11

f:id:hurler_poke:20160916142354j:image
f:id:hurler_poke:20160916142541j:image
前期で積みエースを入れた並びでたまさんが結果を出しているのを見て裏選出として積みエースを入れた。ただ、次シーズンで過去作産が使用可能ということで終盤では構想中だったパーティを前倒しで使用した。バトンバシャ+ピクシーとか零度スイクンの餌だからしょうがないね。最高2083

f:id:hurler_poke:20160916162306j:image
サブロムは雨の民とノリで考えた構築で遊んでたら割りと通ってて楽しかった。こちらは最高2022

 

シーズン12

f:id:hurler_poke:20160916165132j:image
零度スイクンは眠る持ちを構築段階で切って毒殺することにした。考えていたことがそれなりにうまくいって初の2100達成。最高2101

 

シーズン13

f:id:hurler_poke:20160916165152j:image
プテラ使いたいと思ってジオットさんの構築をほぼ丸パクリして使ってたら何故かプテラがスカバンになってた。なんとか2000に乗せたけどとても苦しかった。最高2007

f:id:hurler_poke:20160916165208j:image
メインロムの構築に限界を感じたが終盤のTLを見ているとレート欲を押さえきれずサブロムで構想中のパーティの試運転を兼ねて潜ったら地雷ポケモンがうまく刺さって3日で2100まで行った。こちらは最高2107

 

シーズン14

f:id:hurler_poke:20160916165237j:image
前期の地雷構築は色々あって没になり、

スカバン入りを使っていた際にバナの強さは理解できたので純正を組んだ。毒グライ(通称あすぱぁグライ)がとにかく強かった。最高レートは更新したが、最終日に回線が死んでより高みに挑戦できなかったのは残念だった。最高2122

 

シーズン15

レートには潜っていたが回線は死んだままでずっと切断鯖にいた。

 

シーズン16

f:id:hurler_poke:20160916165258j:image
回線復活。色々考えた結果、穏やかラティアスとかいう謎ポケモンを使っていた。メガゲンに上を取られるスカバンの弱さが出まくってレートは伸びなかった。最高2039

 

シーズン17

f:id:hurler_poke:20160916165319j:image
2000までは純正を使ったがガルーラに対応しきれず、終盤には前期で少し試したヤミハピ軸を使用した。最高レートの更新を目指したが達成できず、純正かヤミハピかがどっち付かずで準備不足だったのもあって最後に悔いの残るシーズンになった。最高2099

 

ORAS環境においては受けループという枠の中で構築を組んできた。色々な人と知り合うことができ自分にとって大きなプラスになったが、こうして振り返ると受けループの枠の中では色々なポケモンに浮気しており考察が十分にできていなかったのではないかと感じた。サンムーンでは軸としてその構築を突き詰めたいと思えるポケモンを見つけたい。

S16で使ったやつ

最高2039
納得できる構築ではないので簡潔に

ラティアス@メガ石
穏やかHbD
サイコショック/リフレッシュ/瞑想/羽休め
対面厨パに対してヤドバナが持ってた役割を一枠にまとめようと生まれたポケモン。ただ、純正よりも安定するかというと?がつくのでオナニーの域を出ないと感じた。Bはバシャのはたき意識。

デスカーン@オボン
図太いHBd
呪い/毒菱/痛み分け/眠る
以前使ったのと同じ個体。役割対象が居座ってくれないので鬼火を切ってTOD意識で眠るを採用。ガルーラは受けきるのではなくバンギ圏内に入れるように立ち回る。

ラッキー@進化の輝石
図太いHBd
地球投げ/毒々/ステルスロック/卵生み
S14と同じやつ。投げはあんまり使わなかったしサイキネで良かった説はある。ステロはとんボルへの憎しみから採用したがバンギ圏内に入れるのに結構役立った。

グライオン@毒々玉
腕白Hbd
地震/蜻蛉返り/毒々/羽休め
興味があったのと蜻蛉返りでバンギに繋いだら面白そうという思いつきで某氏のやつをパクった。そもそもあんまり選出してないから評価できない。

バンギラス@こだわりスカーフ
陽気AbS
ストーンエッジ/噛み砕く/冷凍パンチ/馬鹿力
リザを処理できないのでスカーフ。ガルーラよりゲンガーの方が重い不具合が発生していた。ボルトは電磁波打って来ないので突っ張ろう。

エアームド@防塵ゴーグル
腕白HBs
アイアンヘッド/鉄壁/挑発/羽休め
色々重いものの処理を押し付けたら中途半端になった。

【最高2122最終1937】S14受けループ

みなさんS14お疲れさまでした。僕は今期も受けループを使っていました。今期は最終日の深夜にレートを爆下げするという不甲斐ない結果に終わりましたが、3期連続2100と自己最高レートの更新を達成できたので記事を書こうと思います。使った並びは所謂純正受けループと言われるやつです。
f:id:hurler_poke:20160315162531j:plain


f:id:hurler_poke:20151117231223g:plain
バンギラス
①@イバンの実
性格:慎重
実数値(努力値):207(252)-161(52)-130-x-160(204)-81
技:追い打ち/噛み砕く/イカサマ/吠える
追い打ち枠、調整はいつものやつ。ただ、控え目メガゲンガーとかいうヤバいポケモンがいるらしいので特化しても良いかもしれない。1回2100に乗せたときまで使用していた。
イバンの実で採用したため電磁波も採用したかったが、ガルーラに対してはイカサマで足りると考えていた。また、対面で居座るゲンガーに対しては麻痺状態にしても結局ラッキーをキャッチされたらキツいので、鬼火持ちにも対面からなら強くなる噛み砕くを採用した。吠えるはバンギ交換に合わせて身代わりをして追い打ちから逃れようとするゲンガーを捕まえるために採用。

②@ラムの実
技:岩雪崩/追い打ち/電磁波/吠える
調整は同じ。終盤はこちらを使用した。最高レートもこちらの時。
ゲンガーが交換読み気合い玉ではなく鬼火や催眠をしてくる場面が多く、ガルーラにも不意打ちでイバンイカサマをすかされることが多く持ち物が腐っていたので型を変更した。
ただ、最終盤は気合い玉をポンポン当てるゲンガーばかりで発狂しそうになった。
f:id:hurler_poke:20160315163630g:plain
エアームド@ゴツゴツメット
性格:腕白
実数値(努力値):172(252)-100-190(100)-x-110(156)-90
技:アイアンヘッド/鉄壁/毒々/羽休め
メガサーナイト意識でDにも振ったいつものやつ。
急所待ちしてくるクチートやラッキーのステロと合わせて受けルミラーに対して強くなれるので毒々を吠えるに変えて少し使ってみたが、グライやラッキーを出さない場合に耐久型の処理が面倒だったので結局いつもの技構成に戻った。
ガルーラはどうせ怯むので期待してはいけない。
f:id:hurler_poke:20151117231250g:plain
グライオン@毒々玉
性格:陽気
実数値(努力値):179(228)-116(4)-146(4)-x-104(68)-155(204)
技:地震/毒々/身代わり/守る
このグライが強いと受けルの強者の方が言っていたのでそのままパクったやつ。
意地のガブやガルーラ、身代わりスイクン、挑発羽休めサザンなどの上を取っているのは強かった。
選出が苦しい相手の場合はこいつでガッサを見る選出をすることもあるが、最近は剣の舞持ちがかなり多いので勝てるとは思わない方がいい。
f:id:hurler_poke:20151117231318g:plain
ラッキー@進化の輝石
性格:図太い
実数値(努力値):331(44)-x-62(252)-x-152(212)-70
技:地球投げ/毒々/ステルスロック/卵産み
汎用特殊受け。調整はHBが両刀珠ゲッコウガ意識で残りをD。最近ミラー意識でHに努力値を多く割いている方もいるみたいだが、自分はそこまでメリットがあると感じなかったのでHには最低限しか振っていない。引き分け交渉に応じてくれるルーパーさんには感謝しかない。
最初は電磁毒で使っていたが電磁波を打ちたい対象が少なく、その1つであるガルーラは現環境において秘密の力の所持率が高く、結局こちらにも麻痺が入って自覚勝負になることが多かったので電磁波を切ってステロを採用した。
ステロを採用したことにより、延々と蜻蛉返りやボルトチェンジ、交換読み交換を繰り返して有利対面を持ち続け、こちらを削り切ろうと考える相手にストレスをためることがなくなった。
毒々は特殊の積みアタッカーに役割を遂行するために必要。
本当に最後の方だけステロをサイキネに変えて潜っていたが使用感を書けるほど対戦していないので割愛。
f:id:hurler_poke:20151117231351g:plain
ヤドラン@メガストーン
性格:図太い
実数値(努力値):201(244)-x-242(156)-151(4)-113(100)-51(4)
結論ヤドラン。
この枠は一時期ブルンゲルにしていたが数値不足を強く感じてヤドランに戻した。ただ、こいつに対する信頼はいまだに低く、選出率は低め。
f:id:hurler_poke:20160315163432g:plain
フシギバナ@メガストーン
性格:控え目
実数値(努力値):187(252)-x-143-178(156)-140-113(100)
技:ギガドレイン/ヘドロ爆弾/吠える/光合成
前期使ったのと全く同じやつ。
ギガドレインは瞑想スイクンを突破するには火力が足りないが、削ってから吠えれば次のサイクルで倒せるのでバンギとの同時選出時に光合成の回復量が下がるのを補うためにも採用した。
ミラコスイクンは全く見なかったが、襷ミラコジャローダはそこそこいたので注意が必要。
引き分け交渉が出来そうにないときに受けループミラーを崩す唯一の手段。相手がグライバンギラッキーで来そうなら、ラッキーのステロからこいつで吠えてバンギを無理やり削ってムドーでTODしていた。


最高レートは2122、最終レートは1937です。回線の調子が悪かったとか運負け主張したい対戦が多かったとか言い訳はありますが、それによってイライラして立ち回りが甘くなったのは自分の弱さなのでまた出直してきます。


f:id:hurler_poke:20160315161154j:plain
f:id:hurler_poke:20160315161207j:plain

鉢巻きミカルゲ

供養記事。前期のパーティが行き詰まったので使ってみたらレート200溶かしました。

f:id:hurler_poke:20160224121432j:plain

性格:慎重
実数値(努力値):157(252)-122(76)-138(76)-x-155(100)-56(4)
技:不意打ち/追い打ち/鬼火/トリック

ミカルゲの強そうな点
①ガルゲンに強い悪霊タイプ
メガガルーラの一致技やグロウパンチを無効にでき、ゲンガーは追い打ちで確定1発にできる。
ダメ計上では強そう。
A:H252メガゲンガーを成功追い打ちで確定1発(100.6~118.6%)
HB:補正有りA236メガガルーラの噛み砕く確定3発(40.1~47.8%)
HD:C252メガゲンガーシャドーボール確定3発(42.0~49.7%)

②特性すり抜け
オニゴーリクレッフィスイクンといった面倒な食べ残し持ちに身代わり貫通で鬼火を打てる。また、すり抜けトリックで鉢巻きを押し付けてラティアスやヌオーで詰ませる展開の補助ができる。



      
現実   

f:id:hurler_poke:20160225000339g:plainf:id:hurler_poke:20160119231138g:plain  f:id:hurler_poke:20160225000820g:plain
_人人人人_ _人人人人_ _人人人人_
> 怯め < > 眠れ < > 凍れ <
 ̄YYYY ̄  ̄YYYY ̄  ̄YYYY ̄
f:id:hurler_poke:20160225001750g:plain
やめてクレセリア

そもそも鬼火ゲンガーに勝てないからそんなに強くないことに気づいてしまった…

【S13使用構築】寝落ちサイクル【最高・最終レート2107】

今回はS13にサブロムで使用した構築の記事になります。メインロムで使った構築ではレートを上げれる気がしなかったので来期に向けてこの構築を練ろうと思っていたのですが、終盤のTLを見ているとレートをやりたくなってしまったので試運転がてら潜っていました。色々改善点も見えてこのままで使用することはないと思うので公開。最高・最終レートはともに2107です。パーティの並びはこちら


f:id:hurler_poke:20160119214310j:plain
以下個別解説


【個別解説】
f:id:hurler_poke:20160119230904g:plain
ギャラドス@メガストーン
性格:腕白
実数値(努力値):202(252)-175-177(252)-x-150-102(4) ※実数値はメガ進化時
技:滝登り/竜の舞/眠る/寝言
思いつきで使ってみたポケモン。格闘・炎受け、耐久潰しが役割。
有利対面で滝登りで負荷をかけていき、耐久ポケで受けてくる場合やサイクルで相手を削った終盤に舞って全抜きを狙う。回復技がない前提で相手が動くので割りと刺さった印象。
持ち物はゴツメやカゴも候補にあったが、はたき落とすのダメージを抑えられる点とメガ進化によるタイプの変化によって電気タイプやギルガルドとの対面で無理矢理居座ることが出来る点からメガで採用した。特にメガ進化によるタイプの変化は、HPが削れた状況で岩技での居座りを誘って返り討ちにするといった場面もあり有用だった。
地面や炎技読み以外でガルガブに後出しするような数値のあるポケモンではないので立ち回りとHP管理は重要。火力も足りないのでサイクルでしっかり相手を削る必要もある。
耐久がギリギリなのでSは竜舞1回で意地ガルを抜ける4振りで使っていたが、2回舞っても135族を抜けないのはクソ過ぎるのでHBを1ずつ削ってSに振ったほうが良かった。

f:id:hurler_poke:20151117230409g:plain
ナットレイ@ゴツゴツメット
性格:呑気
実数値(努力値):181(252)-120(44)-195(212)-x-136-22
技:ジャイロボール/タネマシンガン/宿り木の種/ステルスロック
物理受けというよりはタイプ受けとガルガブの削りをやってもらう。触ってくれるなら炎のパンチでも良いという気持ちで使った。大文字はやめて;;
タネマシンガンはライコウスイクン、バンギ、ギャラなどの身代わり持ちを意識している。2000まではスイクンなどを詰ませるために眠るを採用していたが使用頻度が低かったので、とんボルサイクル相手に強くなれるステロを採用した。

f:id:hurler_poke:20151117230501g:plain
グライオン@毒々玉
性格:陽気
実数値(努力値):169(148)-132(132)-146(4)-x-98(20)-155(204)
技:アクロバット/投げつける/身代わり/守る
ヘラに強く、ガルガブにも弱くない駒としてこちらのグライオンをそのまま採用した。
reitoika.hatenablog.com

最初はピクシーにしようと考えていたが鉢巻きガブの地震が重すぎるのでグライに変更した。その影響で積みアタッカーが重くなったが、マリルリに関しては身代わりを残して対面すれば毒ダメ+アクロ+ナットの定数ダメで処理は可能なので出来る限り身代わりを残すプレイングを心がけた。
この技構成だとガルドやクチートに役割を持てなくなるが、ガルドは襷持ちが多いように感じていたので元々こいつで見るつもりはなかったため問題ない。クチートはギャラナットで頑張るか、TODで対処していた。
TODをちらつかせながら相手の守みがを崩しにくる動きを読んで有利を取れればかなり活躍した。

f:id:hurler_poke:20151117230001g:plain
ラッキー@進化の輝石
性格:図太い
実数値(努力値):331(44)-x-62(252)-x-152(212)-70
技:地球投げ/電磁波/毒々/卵生み
頼れる特殊受け。今期増えた印象のサザンや受けを崩しにくる駒である霊獣ボルト入りに対して選出した。
特殊の積みアタッカーに対して毒を入れてから卵生み連打で対処したかったのでオーソドックスな毒電磁型で採用。

f:id:hurler_poke:20151117231223g:plain
バンギラス@ラムの実
性格:慎重
実数値(努力値):205(236)-154-130-x-160(204)-90(68)
技:追い打ち/イカサマ/岩石封じ/眠る
一応追い打ち枠ではあるが、パーティ全体でそこまでゲンガーが重くはないので乱数が悪くなるのを承知で剣舞ガルド意識でSに振ってみた。ただ、自分でガルドは襷が多いと思っているのだから対ゲンガーに特化させたほうが良かったかもしれない。
追い打ちは採用理由であるため確定。残りは起点回避にためのイカサマ、グライ以外は鬼火挑発アローが重すぎるため岩石封じ、毒ガルドや毒マンダ、ヒードランTODするために眠るを採用した。
ボーマンダに対してもこいつを投げていたが、そもそも意地マンダの1舞地震がステロ込みで確定1発なので有効な対策とはいえない。
色々誤魔化そうとして中途半端になってしまったのでもう少し良い調整を考えてあげたい。

f:id:hurler_poke:20160119231138g:plain
ゲンガー@メガストーン
性格:臆病
実数値(努力値):135-x-101(4)-222(252)-115-200(252) ※実数値はメガ進化時
技:ヘドロ爆弾/凍える風/挑発/道連れ
ここまででオニゴーリとめざ炎ジャローダが重いと感じたので採用。どこまで効果があったかは分からないが、ギャラがメガ枠ではないと思わせる役割もあった。選出は少なかった。
技は草・妖意識でヘド爆、マンダが重いのも分かっていたのでこご風、ある程度汎用性のあるオニゴーリの処理ルートとして挑発道連れを採用した。
挑発道連れだと相手の自覚次第になるのでオニゴーリを強く意識するなら滅びの歌にした方がよいが、ピンポイントの対策で技を腐らせたくなかったので挑発で採用した。
構築名的には催眠術採用しても良かったかも?(しません)


【感想】
ガルーラ軸に対してはそこそこの勝率だったが、クチート軸やマンダ軸は読み行動を通す必要があったりと厳しいものがあった。たまにいるルカリオはほぼ無理。ただ、終盤3日で1500台から2100まで到達し最高レートを更新することができたので悪くないシーズンだった。
この構築は細かいところまで考えて組んだものではないので欠陥も多いが、改良の余地はまだあると思うので今後も考えていきたい。
疑問点や良い改良案があったら教えてください。


ギリギリ100位は入れず。悔しい(´・ω・`)
f:id:hurler_poke:20160119211921j:plain