ハラハラするポケモンblog

レートやオフで使用したパーティを適当に紹介します。

【S13使用構築】寝落ちサイクル【最高・最終レート2107】

今回はS13にサブロムで使用した構築の記事になります。メインロムで使った構築ではレートを上げれる気がしなかったので来期に向けてこの構築を練ろうと思っていたのですが、終盤のTLを見ているとレートをやりたくなってしまったので試運転がてら潜っていました。色々改善点も見えてこのままで使用することはないと思うので公開。最高・最終レートはともに2107です。パーティの並びはこちら


f:id:hurler_poke:20160119214310j:plain
以下個別解説


【個別解説】
f:id:hurler_poke:20160119230904g:plain
ギャラドス@メガストーン
性格:腕白
実数値(努力値):202(252)-175-177(252)-x-150-102(4) ※実数値はメガ進化時
技:滝登り/竜の舞/眠る/寝言
思いつきで使ってみたポケモン。格闘・炎受け、耐久潰しが役割。
有利対面で滝登りで負荷をかけていき、耐久ポケで受けてくる場合やサイクルで相手を削った終盤に舞って全抜きを狙う。回復技がない前提で相手が動くので割りと刺さった印象。
持ち物はゴツメやカゴも候補にあったが、はたき落とすのダメージを抑えられる点とメガ進化によるタイプの変化によって電気タイプやギルガルドとの対面で無理矢理居座ることが出来る点からメガで採用した。特にメガ進化によるタイプの変化は、HPが削れた状況で岩技での居座りを誘って返り討ちにするといった場面もあり有用だった。
地面や炎技読み以外でガルガブに後出しするような数値のあるポケモンではないので立ち回りとHP管理は重要。火力も足りないのでサイクルでしっかり相手を削る必要もある。
耐久がギリギリなのでSは竜舞1回で意地ガルを抜ける4振りで使っていたが、2回舞っても135族を抜けないのはクソ過ぎるのでHBを1ずつ削ってSに振ったほうが良かった。

f:id:hurler_poke:20151117230409g:plain
ナットレイ@ゴツゴツメット
性格:呑気
実数値(努力値):181(252)-120(44)-195(212)-x-136-22
技:ジャイロボール/タネマシンガン/宿り木の種/ステルスロック
物理受けというよりはタイプ受けとガルガブの削りをやってもらう。触ってくれるなら炎のパンチでも良いという気持ちで使った。大文字はやめて;;
タネマシンガンはライコウスイクン、バンギ、ギャラなどの身代わり持ちを意識している。2000まではスイクンなどを詰ませるために眠るを採用していたが使用頻度が低かったので、とんボルサイクル相手に強くなれるステロを採用した。

f:id:hurler_poke:20151117230501g:plain
グライオン@毒々玉
性格:陽気
実数値(努力値):169(148)-132(132)-146(4)-x-98(20)-155(204)
技:アクロバット/投げつける/身代わり/守る
ヘラに強く、ガルガブにも弱くない駒としてこちらのグライオンをそのまま採用した。
reitoika.hatenablog.com

最初はピクシーにしようと考えていたが鉢巻きガブの地震が重すぎるのでグライに変更した。その影響で積みアタッカーが重くなったが、マリルリに関しては身代わりを残して対面すれば毒ダメ+アクロ+ナットの定数ダメで処理は可能なので出来る限り身代わりを残すプレイングを心がけた。
この技構成だとガルドやクチートに役割を持てなくなるが、ガルドは襷持ちが多いように感じていたので元々こいつで見るつもりはなかったため問題ない。クチートはギャラナットで頑張るか、TODで対処していた。
TODをちらつかせながら相手の守みがを崩しにくる動きを読んで有利を取れればかなり活躍した。

f:id:hurler_poke:20151117230001g:plain
ラッキー@進化の輝石
性格:図太い
実数値(努力値):331(44)-x-62(252)-x-152(212)-70
技:地球投げ/電磁波/毒々/卵生み
頼れる特殊受け。今期増えた印象のサザンや受けを崩しにくる駒である霊獣ボルト入りに対して選出した。
特殊の積みアタッカーに対して毒を入れてから卵生み連打で対処したかったのでオーソドックスな毒電磁型で採用。

f:id:hurler_poke:20151117231223g:plain
バンギラス@ラムの実
性格:慎重
実数値(努力値):205(236)-154-130-x-160(204)-90(68)
技:追い打ち/イカサマ/岩石封じ/眠る
一応追い打ち枠ではあるが、パーティ全体でそこまでゲンガーが重くはないので乱数が悪くなるのを承知で剣舞ガルド意識でSに振ってみた。ただ、自分でガルドは襷が多いと思っているのだから対ゲンガーに特化させたほうが良かったかもしれない。
追い打ちは採用理由であるため確定。残りは起点回避にためのイカサマ、グライ以外は鬼火挑発アローが重すぎるため岩石封じ、毒ガルドや毒マンダ、ヒードランTODするために眠るを採用した。
ボーマンダに対してもこいつを投げていたが、そもそも意地マンダの1舞地震がステロ込みで確定1発なので有効な対策とはいえない。
色々誤魔化そうとして中途半端になってしまったのでもう少し良い調整を考えてあげたい。

f:id:hurler_poke:20160119231138g:plain
ゲンガー@メガストーン
性格:臆病
実数値(努力値):135-x-101(4)-222(252)-115-200(252) ※実数値はメガ進化時
技:ヘドロ爆弾/凍える風/挑発/道連れ
ここまででオニゴーリとめざ炎ジャローダが重いと感じたので採用。どこまで効果があったかは分からないが、ギャラがメガ枠ではないと思わせる役割もあった。選出は少なかった。
技は草・妖意識でヘド爆、マンダが重いのも分かっていたのでこご風、ある程度汎用性のあるオニゴーリの処理ルートとして挑発道連れを採用した。
挑発道連れだと相手の自覚次第になるのでオニゴーリを強く意識するなら滅びの歌にした方がよいが、ピンポイントの対策で技を腐らせたくなかったので挑発で採用した。
構築名的には催眠術採用しても良かったかも?(しません)


【感想】
ガルーラ軸に対してはそこそこの勝率だったが、クチート軸やマンダ軸は読み行動を通す必要があったりと厳しいものがあった。たまにいるルカリオはほぼ無理。ただ、終盤3日で1500台から2100まで到達し最高レートを更新することができたので悪くないシーズンだった。
この構築は細かいところまで考えて組んだものではないので欠陥も多いが、改良の余地はまだあると思うので今後も考えていきたい。
疑問点や良い改良案があったら教えてください。


ギリギリ100位は入れず。悔しい(´・ω・`)
f:id:hurler_poke:20160119211921j:plain