ハラハラするポケモンblog

レートやオフで使用したパーティを適当に紹介します。

6世代振り返り

需要は無さそうだけど自分がレートを始めた6世代が終わって一区切りということで自分用の記録として残しときます。

 

シーズン1~5

僕の考えた最強のパーティ()でエンジョイ勢してた。完全な動画勢で他のポケ勢と絡むこともほとんど無かった。最高は1800中盤くらい。

 

シーズン6

f:id:hurler_poke:20160916140413j:image
勇気を出してオフ会に出るようになってレートモチベが上がって初の2000達成。穏やか悪巧みボルトとかいう時代を先取りしたポケモン使ってた。最高2010

 

シーズン7

f:id:hurler_poke:20160916140433j:image
いろんなとこから影響を受けて受けループを使い始める。XYの受けループをあまり参考にせず自分で考えようとしてた。スカバンで事故らせてたら2000には乗った。黒歴史構築その1。最高2010

 

シーズン8

f:id:hurler_poke:20160916140455j:image
あとりさんの記事を見てメガハッサムを使いたくなり、どっかの生放送で見たゴツメジャロも気になってこんな並びを使ってた。最終溶かして記事は書かなかったけど最高は2000中盤位だった。

 

シーズン9

f:id:hurler_poke:20160916140700j:image

フシギバナの強さや扱い方を理解できてなかったのとメガヤミラミがちらほらいたのもあって穏やかピクシーを使ってた。最高2030

 

シーズン10

f:id:hurler_poke:20160916141717j:image

ラッキーとピクシーで電磁波威張るをするというただの害悪構築。グライはギロチン採用してたし運要素多すぎて黒歴史って感じ。最高2005

 

シーズン11

f:id:hurler_poke:20160916142354j:image
f:id:hurler_poke:20160916142541j:image
前期で積みエースを入れた並びでたまさんが結果を出しているのを見て裏選出として積みエースを入れた。ただ、次シーズンで過去作産が使用可能ということで終盤では構想中だったパーティを前倒しで使用した。バトンバシャ+ピクシーとか零度スイクンの餌だからしょうがないね。最高2083

f:id:hurler_poke:20160916162306j:image
サブロムは雨の民とノリで考えた構築で遊んでたら割りと通ってて楽しかった。こちらは最高2022

 

シーズン12

f:id:hurler_poke:20160916165132j:image
零度スイクンは眠る持ちを構築段階で切って毒殺することにした。考えていたことがそれなりにうまくいって初の2100達成。最高2101

 

シーズン13

f:id:hurler_poke:20160916165152j:image
プテラ使いたいと思ってジオットさんの構築をほぼ丸パクリして使ってたら何故かプテラがスカバンになってた。なんとか2000に乗せたけどとても苦しかった。最高2007

f:id:hurler_poke:20160916165208j:image
メインロムの構築に限界を感じたが終盤のTLを見ているとレート欲を押さえきれずサブロムで構想中のパーティの試運転を兼ねて潜ったら地雷ポケモンがうまく刺さって3日で2100まで行った。こちらは最高2107

 

シーズン14

f:id:hurler_poke:20160916165237j:image
前期の地雷構築は色々あって没になり、

スカバン入りを使っていた際にバナの強さは理解できたので純正を組んだ。毒グライ(通称あすぱぁグライ)がとにかく強かった。最高レートは更新したが、最終日に回線が死んでより高みに挑戦できなかったのは残念だった。最高2122

 

シーズン15

レートには潜っていたが回線は死んだままでずっと切断鯖にいた。

 

シーズン16

f:id:hurler_poke:20160916165258j:image
回線復活。色々考えた結果、穏やかラティアスとかいう謎ポケモンを使っていた。メガゲンに上を取られるスカバンの弱さが出まくってレートは伸びなかった。最高2039

 

シーズン17

f:id:hurler_poke:20160916165319j:image
2000までは純正を使ったがガルーラに対応しきれず、終盤には前期で少し試したヤミハピ軸を使用した。最高レートの更新を目指したが達成できず、純正かヤミハピかがどっち付かずで準備不足だったのもあって最後に悔いの残るシーズンになった。最高2099

 

ORAS環境においては受けループという枠の中で構築を組んできた。色々な人と知り合うことができ自分にとって大きなプラスになったが、こうして振り返ると受けループの枠の中では色々なポケモンに浮気しており考察が十分にできていなかったのではないかと感じた。サンムーンでは軸としてその構築を突き詰めたいと思えるポケモンを見つけたい。